ページトップへ

『素材別に最適な前処理とは?』 | 技術相談室 | NCC株式会社 長野 塗料

メルマガに掲載されたお役立ち情報

記事検索

『素材別に最適な前処理とは?』

その塗装不良、前処理が原因ではありませんか?

樹脂塗装品は自動車部品をはじめ、家電、アミューズメントなど多くの業界で使われています。

しかし、製品やメーカーによって素材は様々で、当然ながら素材に適した工程を選定する必要があります。塗装前の素材やその状態によって前処理の工程も大きく異なります。
単純に脱脂と言っても、金属用の洗浄用シンナーでは樹脂の表面を侵してしまいます。業界的には比較的洗浄性があり、静電気の除去性の高いアルコール系が多く使用されていますが、それが必ずしも良いとは限りません。また樹脂は絶縁体ということもあり、特に冬場は静電気との戦いとなります。樹脂塗装の現場では除電装置を使って除電した後に塗装しますが、これも除電方法や除電のタイミングを間違えるとゴミブツ不良につながります。

その他、ポリプロピレンのような素材に対する前処理ミスによる密着不良、脱脂だけでなく塗料やシンナーで素材を侵してしまう金属塗装では見られない不良もあります。

NCCでは、樹脂塗装の現場や素材に適した商品と工程をご提案し、お客様の塗装不良の削減と品質の向上に貢献しています。

 

 

塗装に関するお悩みは、NCCへご相談ください。

お電話・FAXメールWebフォームからもお問い合わせいただけます。

記事一覧|メルマガに掲載されたお役立ち情報