ページトップへ

塗装中に起こる不良原因と対策【塗装現場編】 | 技術相談室 | NCC株式会社 長野 塗料

最新技術ノウハウ

記事検索

塗装中に起こる不良原因と対策【塗装現場編】

塗装現場における
塗装中に起こる不良原因と対策

近年、塗装業界では世界的な価格競争により、大幅なコスト削減を余儀なくされております。
品質面においてはさらに厳しい基準が設けられ、塗料をはじめとする原料コストの
削減にも限界が見えてきているのが実情です。

 

     お客様からお聞きするお悩みの多くはこんなことが挙げられます。▼
                      ■ 塗料不良が多く、手直しに時間がかかる
                      ■ 塗料の使用量がどうしても減らない。材料比率が高い。
                      ■ 塗料品質が安定しない。
                      ■ 頻繁に設備が故障し、メンテナンスにかける出費が多い。
                      ■ 手直しコスト(経費)が明確ではない。

 

『塗装中に起こる不良原因と対策【塗装現場編】』では、塗装工程におけるゴミブツ対策などを掲載したカタログです。

塗装現場で起こる不具合は、様々な原因が組み合わさって発生します。
NCCは、これから現場で存在する不良要因をお客様と一緒に「見える化」し、
その因子を撲滅することで、問題解決に向けたお手伝い、塗装事業の儲かる仕組みを
ご提案いたします。

ご興味のあるお客様は、下記のフォームよりお問合せ下さい。

 

 

 

記事一覧|最新技術ノウハウ