明るく、元気! NCCコラム

昔は家族力があった!

2006/11/09(木) サブカテゴリー
 今日は塗料メーカー「ナトコ社」の販売店会に出席させて戴きました。

 こうした機会は、エリアを異にする同業先輩社長に学ぶ最高の機会と言えるのですが、今回も胸に刻みたい多くのお話を聴くことができました。


  (日頃の特約店活動を表彰して戴きました)→

 いつも感心してしまうのですが、板橋会長の今日のお話も良かった。

「いじめ、ひきこもり、ニート、フリーター。これらの出現には、昔にはあった、厳しくも愛情ある家族の力の減退があるのではないか。今、私たちはもう一度その家族力を発揮しなくてはならない。またその重要な責任を担うのは、今子育て世代にある皆さんである」

「商業発祥の近江商人が唱えた『三方よし』は日本人らしい経営感で、長期的な成長を支える基盤としてこれからも重視すべき感覚であること」

「企業人として一流であることを目指すことの大切さ=様々な面で一流を目指す志とそのための努力、その実現を図る。田舎か都会かで一流か二流かを分かつ二元論でなく、『一流の田舎』としてどうそれを目指し実現するかが重要。」

重い言葉、人を成長させる言葉。
一流の人間になりたいと心から思う。人を思える人間に。〔NCC? 代表 原 田 学〕

記事一覧|2006年11月

ページトップへ