明るく、元気! NCCコラム

フジペックス社様、ありがとうございました!

2007/03/14(水) サブカテゴリー
3月14日、NCCオートリフィニッシュ事業(以下AR事業)のメンバー6人が、群馬?フジペックス様を訪問しました。

この訪問はNCCのAR事業の活性化を目的に企画され、日本ペイントNAX会々員のフジペックス社様の協力を得て実現したものです。

 当日は、同社の物流管理体制や技術研修センターを見学の後、日頃の営業活動に関する報告が行われ、活発な意見交換がなされました。

これまで、NCCでは、明確な営業指標値や行動指標値を持てずにいただけに、この交流会で得た事実の数々はとても意義深いものとなりました。

フジペック社様の特徴的な活動はボディショップでの塗装経験を持つ技術スタッフの活躍。年間10回程度開催されている講習会もお客様には好評なよう。
当社に直ぐに真似できることではありませんが、技術指向を今後のテーマとする当社において参考になる活動内容でした。

チーム単位で自律的な目標設定やスタート時間の早い営業活動など、それを支えるオペレーションの存在もあるとは言え、当社が欠いていることにも多くの気づきを得ました。

大坪マネージャーからもらったコメント...
「言いなりで喜ばれた時代は今は昔」
「新規活動は営業担当者の営業ぶりを映し出す鏡とも言える。こっちペースの既存顧客では問題点が見えてこないことも、新規活動では見える。」

思わず「グサり!」のコメントではありましたが、改善余地と言う視点でみればNCCに多くの余地があるという証拠。

この機会を必ず今後に生かしたいと思います。
フジペック社様、ありがとうございました。

記事一覧|2007年3月

ページトップへ