講習会報告

◆終了しました

第5回NCC塗装技術セミナーを開催いたしました

第5回NCC塗装技術セミナーを開催いたしました。
多くのお客様にお越しいただき、大変有意義なセミナーとなりました。

講師にタクボエンジニアリング株式会社の代表取締役社長 佐々木栄治様、
技術本部 ジェット事業部 シニアマネージャー 上村一之様をお迎えいたしました。

 

ご参加いただいたお客様と一緒になって工業塗装の未来を考えることをテーマとして、
第一部講演会では…
『塗装道』工業塗装の未来を考える!
塗装を夢のある仕事にするために ~ 生き残りをかけた塗装技術の再考 ~
「工業塗装のあるべき姿とは…夢と希望ある業界の発展に向けて」、
「第4の塗装機とタクボ社が唄うインクジェット塗装システム」について講演していただきました。

『塗装道』の究極とは「コスト」、世界で戦うためには如何に総合エネルギーを下げられるか
重要で、いままでの塗装は材料もエネルギーも非常に多くの無駄を出していて、これらに
手を入れなければ世界では戦えないということや、ロボット塗装する場合は、人間の塗装方法を
そのまま機械化しただけでは何の役にも立たず、安い製品には安く塗る必要があるが、
そのためには被塗物に無駄なく塗料を届ける必要があります。最も効率よく塗装するためには、
「ガン距離は近ければ近いほど良い」「圧力は低ければ低いほど良い」「スピードは遅ければ遅い
ほど良い」それだけで塗料の使用量は3割減り、効率よく塗装するためにはどのくらいの塗料が
吐出されているのかを知る必要があるとお話しいただきました。

第二部の技術交流会では、新しい可能性のある技術を業界として相乗的に発展させるような
機会としたいと考え、開催させていただきました。
タクボエンジニアリング株式会社様の成膜技術と各社様の優れた加飾技術を展示していただき、
業界として共有し、皆様の塗膜技術が更に夜に流通すること、今までになかった新たな
発想が生み出されることを期待し、立食パーティー形式の技術交流会を開催いたしました。

 

ページトップへ