講習会報告

◆終了しました

クリーンルームの基礎と効果的な管理手法及びトラブル対策~個別相談付~

日時平成24年6月18日(月) 10:30~17:30
場所日本テクノセンター 研修室

聴講料:1名様 47,250円    同時複数名申し込みの場合1名様  42,000円(消費税等込)

講師:That's Brain:ザッツ ブレイン  矢島 良彦氏:(NCC㈱クリーン化ビジネス事業チーフコーディネーター)

※この講習会のお申し込みは、上記の『お問い合わせ』よりお願い致します。

【講師の言葉】

開催テーマである「クリーンルームの基礎と効果的な管理手法及びトラブル対策」を解説します。

これから、クリーン化の導入を考えている方、また、導入しているが少し壁にあたっている方、事例を交え一緒に考えましょう。

自職場の悩みも持ってきて下さい。ひとりで悩まず、みんなで協力しないと環境構築、現場改善は進みません。

本講座でクリーン化技術の知識・スキルを向上させ、広い視野を持ち、歩留まり向上&総合生産性の向上につなげましょう。

 

【講演内容】

Ⅰ.クリーン化技術の基礎知識

  1.はじめに
  2.なぜクリーン化活動が必要か?
  3.クリーンルームの定義
  4.クリーンルーム環境の留意点
  5.HEPAフィルター ULPAフィルターとは
  6.クリーン化の四原則とは
  7.クリーン度の表し方
  8.クリーンルームの入室管理
  9.機械設備のクリーン化
  10.クリーンルームの清掃について
  11.クリーン化の進め方
  12.用語説明
  13.クリーン化技術関連マップ

 

Ⅱ.効果的な管理手法

 a.クリーン化の導入と進め方

  1.クリーン化推進展開事例
  2.クリーン化活動を継続する為のアクション/仕組みつくり
  3.活動計画の策定と職制の意思表示
  4.推進組織体制の整備
  5.技術スタッフのサポート活動
  6.キーマンの育成と専門スタッフとの連携
  7.クリーン化推進担当者の業務

 

  b.現場診断の進め方と診断事例

  1.環境のレベルアップの為のアクションアイテム
  2.現場診断の仕方
  3.見える化機器の活用
  4.清浄化メカニズム
  5.差圧ダンパーの意味
  6.静電気帯電量への注力
  7.クリーン化の四原則の理解と徹底
  8.クリーン化の進め方の切り口

 

Ⅲ.トラブル対策

 ・クリーン環境の構築ノウハウとトラブル事例

  1.局所クリーン環境の構築ノウハウ
  2.FFUの活用方法
  3.気流の管理
  4.発塵源の調査ノウハウ
  5.遊粒子濃度計測のノウハウ
  6.落下塵カウンタによる管理
  7.イオナイザーの取り付けノウハウ
  8.生産設備から発塵トラブル事例
  9.イオナイザーはメンテナンスをしないと性能劣化!
  10.帯電量計測時の誤診
  11.無線リストストラップの効能

 

Ⅳ.現場診断事例研究(電子デバイス製造現場の診断方法と事例紹介)

  1.現場診断の進め方

  2.事例研究

  a.組立工程
  b.実装工程
  c.エッチング&メッキ工程
  d.ディスプレー製造工程
  e.カバーガラス製造工程
  f.クリーニング工程

*参加者関連工程事例選択あり

ページトップへ