廃塗料の有効活用で産廃費用の削減に!

 
  捨てる前にちょっと待った!

  使わなくなった塗料をすぐに産廃業者へ出していませんか?
  中塗りや下塗りとして有効活用することで、廃塗料の削減につながります。

 

お客様のお悩み事の1つに、使わなくなった塗料=廃塗料の処分方法についてご相談をいただきます。

  「少し多めに塗料を購入したが、結果使用せず倉庫に山積み…」
  「使い切れず、費用を掛けて産廃処分」

といった経験はございませんか?
ちょっとした工夫で今までお金を掛けて処分していた塗料を有効活用することができるのです。


N社での取り組み事例

N社の倉庫には、使わなくなった塗料が山のように眠っていました。
「もう廃棄するしかないのか…」と危機感を感じていたところ、
"塗料の活用法"を知り、以下の取り組みを続けています。

【STEP 1】
N社の区切りとして、1年間使用しなかった塗料を<淡彩色>と<濃彩色>に区別

【STEP2】
自社の上塗りに近い色を混ぜ合わせ、中塗り(サフェーサー)として使用。
(膜厚指定があったため、中塗りで膜厚の調整を可能とした)

<ワンポイントアドバイス>
色は調整できませんが、エポキシ添加剤を一定の配合で混ぜることでエポキシメラミンのプライマーに大変身。
メラミン塗料であればどのメーカーでも対象です。
濃彩であれば濃彩用として、淡彩であれば淡彩用のプライマーとして使用すれば、
作業性を損なうことなく使い切ることができます。

 

 N社では以上のことから10年前より取り組みをはじめ、10年間に一度しか廃塗料を産廃業者に依頼したことがありません。

【産廃費用仮定】 約15万円/回 ×10年間 150万円削減!!

大ロットで購入し余ってしまった粉体塗料は?

ポリエステルであれば、溶剤塗料との密着性が悪いためおすすめできませんが、
エポキシポリエステルであれば、溶剤塗装の下塗りとして重宝します。

ウェットオンウェットができない反面、膜厚を必要とする塗装仕様の場合は、
溶剤膜厚プライマーよりも簡単に膜厚を付けることができますし、
今まで廃プラスチックで処分していた粉体塗料を有効活用することができます。

この機会に倉庫に眠っている塗料を確認してみてはいかがでしょうか。

倉庫に余っている粉体塗料など、
弊社で転売させていただくことも可能ですので、是非お問い合わせ下さい。

 

塗装技術|塗装技術ノウハウ

ページトップへ