どうなる?フッ素系洗浄剤のゆくえ


産業洗浄の分野では様々な洗浄剤が使用されています。
その一つである「フッ素系洗浄剤」は、精密洗浄や光学部品、プラスチック、プリント基板の
洗浄用途に幅広く使われてきました。
またその特性から乾燥剤やフッ素系オイルなどの希釈剤としても使われています。

しかしながら、その代表格である”HCFC-225”は地球温暖化係数(GWP)の数値が高いことから、
2020年に全廃することが決定されています。 資料(経済産業省発行)
既に他の洗浄剤への切替を進められているお客様もいることと思います。

なぜフッ素系洗浄剤がここまで広く採用されてきたのでしょうか。
フッ素系洗浄剤の特徴をおさらいします。

  • 不燃性である(消防法に非該当)
  • 蒸気洗浄が可能
  • 乾燥性が良い
  • 浸透性が高く微細な隙間の洗浄に適している
  • 金属部品を腐食(発錆)せず、プラスチック部品へのアタックも小さい
  • パーティクルなどの除去性能に優れる
  • 毒性が低い
  • 塩素系、臭素系溶剤の洗浄機を転用できる

このように塩素系溶剤や引火性のある洗浄剤には無い特徴があり、
フッ素系洗浄剤以上に優れた洗浄力と環境や人に配慮された洗浄剤の開発は困難とされてきました。

しかし2020年まで2年を切る中、最近では「次世代型フッ素系洗浄剤」と呼ばれる洗浄剤の開発が
各社で進められ、製品化もされています。
性能面において以前と同等の性能を維持する製品もありますが、
代替評価をいただいてるお客様の中には、やっぱり今日までのフッ素系洗浄剤には劣る…
といった声も耳にし、ランニングコスト面にも課題が多く残っていることでしょう。

あと2年。次世代型フッ素系溶剤はどう変わっていくのでしょうか。その動向に注目です。
今後も次世代型フッ素系洗浄剤は多く市場に出てくることが予想されます。
代替品を検討する上では、必ず自社が求める性能レベルに応じた製品を選定しましょう。

NCCでは各メーカー情報はもちろんのこと、NCCグループである㈱オーセンアライアンスと共に
起こりうる課題を解決出来る最適な洗浄機の開発にも取り組んでいきます。

フッ素系溶剤や洗浄剤、洗浄機についてのお悩みがございましたら是非ご相談ください。

 

洗浄技術|洗浄剤について

ページトップへ