洗浄工程での品質確認方法について

金属洗浄などの洗浄工程において、洗浄対象物である切削油やプレス油を洗浄剤で除去できているかどうかを確認するには、いくつかの方法があります。

精密洗浄が求められる分野では、油分濃度計や、糖度計・屈折計などを用いて金属の表面や洗浄剤中の油分を測定して洗浄品質の確認を行っております。但し、これらの方法は測定機器が高価であったり、選任者以外の方では取扱いが困難が場合もあります。

 一方で簡易的な方法として、肉眼や拡大鏡を用いての外観検査という方法も行われてはいます。良品サンプルと比較して基準内かどうかの判断を行いますが、加工油の種類や付着状況によっては、油分などの残渣があるかどうかは判断が難しい場合があります。

 このように判断が難しいといった場合や場面に応じて、弊社ではお客様の状況にあった方法を提案させて戴いております。是非お問い合わせください。

 

 

洗浄技術|洗浄方法について

ページトップへ