吉野紙の性質について

一般的に塗料を漉すために『吉野紙』という和紙が多く使われています。

吉野紙は、こうぞ(楮)紙でありながら、引っ張りに強く、ふっくらとした紙の地合が濾過に適してるため、
江戸時代以来、漆や油を漉す漉紙として使用されてきました。
しかし、吉野紙は短繊維のため、目の粗い部分と細かい部分があり、
粗さはバラバラのためゴミブツが通過することがあります。

また短繊維の集まりのため吉野紙そのものが脱落して塗料に混入するということもあり、
メッシュが均一でないため塗料を漉すメディアとしては最適ではないのが一般的な見解です。

目開きがまばらである 繊維のほつれが見られる

どのような物が良いのでしょうか。それは”ナイロンメッシュ”です。
ナイロンメッシュは一本の繊維で編みこんでいるため、目の粗さも均一でほつれる心配がありません。
NCCでは、ナイロンメンシュをお客様の必要なサイズに加工してお届けすることができます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

目開きが均一である ほつれ防止加工がされている

塗装技術|塗装技術ノウハウ

ページトップへ