金属への溶剤塗装における冬場の静電気対処方法

冬は、静電気が原因となる塗装不良が多く発生します。
それは大気中の湿度が低いことが原因です。湿度が低いと静電気が空気中に
逃げにくくなり、製品や様々なものに溜まったままになります。
そこにゴミが引き寄せられ、製品に付着し不良に繋がります。

理想的な状況は、気温20℃で湿度は60~70%の間です。

湿度が低くなる要因は・・・
・暖房器による加温 → 寒い時期は空気中の水蒸気量が少なく、加温することで湿度が低下します。

静電気の発生要因は・・・
・作業者の動き
・エアーブローなどによる帯電 → 静電気は物と物が擦れることで発生します。
 動かせば発生してしまうのです。

対策として・・・
・床に水を散布(加湿とホコリ舞上がり防止が目的)
・加湿器等で加湿をする
・アースを取る
・ジグについた塗料を落としアースを確実に取る
・塗装作業着を帯電防止素材に変え、低発塵タイプに切り替える
・エアーブローガンを除電仕様に変える
などが挙げられます。

対策の大きなポイントは、
 ① 湿度をあげ静電気を発生させない
 ② 静電気を除去する
の2点となります。

塗装技術|塗装技術ノウハウ

ページトップへ