下地(床面)の種類と処理方法

下地(床面)は、大まかに下記の7タイプに分類されます。

  • コンクリート
  • カラーコンクリート
  • 強化コンクリート
  • アスファルト
  • 金属面(縞鋼板等)
  • 各種塗り床剤
  • 各種タイル

 

今回は、コンクリート、カラーコンクリート、強化コンクリート、アスファルトにおける下地処理方法についてご紹介します。

コンクリート(例として、床表面が機械油等で汚れている場合)
  • 表面に、清掃程度で取れにくい汚れがある場合は、まず、デッキブラシ、金ベラ、ケレン棒などで除去する。
  • 溶剤か、中性洗剤等で表面を洗浄する。
  • 通風を良くしてよく乾燥させる。
  • その後、素地面を清掃する。

 

カラーコンクリート・強化コンクリート
  • 研磨機(ダイヤモンドカッター)やグラインダーで表面を1~2mmほど削り取る。
  • コンクリート表面処理剤(酸処理剤)で処理を行う。
  • 洗浄後の素地は、1~2日通風を良くしてよく乾燥させる。
  • 素地面を清掃する。

 

アスファルト
  • 油が浸透している場合は、油泥をケレンし、油分を鉱物油専用洗剤で洗浄する。
  • 洗浄後は、水洗いを行い、よく乾燥させる。
  • 素地面を清掃する。

 

床面のゴミ、埃、泥などを丁寧に清掃し、処理することが床塗装の第一歩。
この作業を念入りに行わないと密着不良の原因になります。下地処理は重要なポイントです。

塗装技術|床塗装について

ページトップへ