見える化機器の活用方法

弊社クリーン化ビジネス事業 チーフコーディネーター矢島が見える化機器の活用方法
【塗布と塗膜2013年8月号】に寄稿いたしました。
肉眼では見ることが出来ない粗大粒子の「見える化」から、
粗大粒子の分級とカウントができる「落下塵カウンター」の
活用方法をまとめてあります。
ぜひご覧下さい。

詳細内容はこちらから ▼
『塗布と塗膜 見える化から落下塵カウンターの活用で塗装品質向上を』 

  ■□見える化機器のご紹介□■

  ● 10μ程度の微粒子まで目視可能な エムギア

  ● 作業工程での粗大粒子(ゴミ・異物)や製品の傷を簡単に目視できる、
    持ち歩き便利なクリーンチェックライトクオンタム

  ● グリーンフィルターを装着したことによりゴミ・異物が発見しやすく、
    さらにブルーライトを大幅にカットしたため目にも優しいライトクオンタムグリーン』 

  ● 製品表面に付着し、不良の原因となるゴミ・異物の量を
     カウントする装置落下塵カウンター』 

クリーン化技術|技術ノウハウ

ページトップへ