塗料の希釈シンナーのブレンドについて

一般的にメーカーから出荷される塗料には、既にシンナーが40%前後入っています。

更に皆様が塗装される時にシンナーで希釈されているかと思います。すなわち塗装される状況では塗料の半分以上がシンナーで構成されているということです。

塗料の大半にはメーカーの指定する専用シンナーがあり、それをお使いになられているお客様もいらっしゃるかと思いますが、専用シンナーを使えば必ずしも満足する塗膜になるとは限りません。微粒化状態や塗装場の温度状況などによっては専用シンナーがアダとなるケースもあります。それだけ塗料の半分以上を占めるシンナーの塗膜外観への影響は大きいのです。

NCCではお客様の製品や要求される外観品質に合わせたシンナーのブレンド提案を行っております。それによって「今までよりシンナーの使用量が減った」「塗膜の肌が綺麗になった」「静電効果が上がった」など多くの声をいただいております。もし、塗装に不具合が生じた場合、お使いのシンナーを疑ってみることも必要です。

現在お使いのシンナーでお困りごとがございましたら、お気軽にご相談下さい。

塗装技術|シンナーについて

ページトップへ