溶剤塗装におけるシンナーの重要性

外観不良にはゴミブツ以外のものも多くあります。

例えば、ゆず肌、ピンホール、艶引けなど日頃の現場で多く発生しているはずです。これらの原因として、温度、湿度、風速など複数が挙げられます。

塗装業の皆様は、これらの外観不良を塗装技術で補おうと日頃から苦労されていると思いますが、見方を変えるだけで変化がみられます。ご存知かと思いますが、溶剤塗料は塗料メーカーで生産された時点で、シンナーが40%程度含まれています。さらに塗装業者様は霧化できる状態まで希釈をされています。つまり塗装される塗料の半分以上はシンナーです。

シンナーは、揮発成分なので塗膜としては残りませんが、塗装の外観を決める重要な役割を担っています。

塗装技術|シンナーについて

ページトップへ