2. 粉体塗装のメリット・デメリットについて

粉体塗装のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

メリット
  • VOC0%
  • 非危険物
  • 1回塗りが可能
  • 膜厚塗装が可能
  • 粉体塗料の回収再利用が可能
  • 強靭な塗膜の形成

粉体塗料は1回塗の上、膜厚塗装も可能で強靭な塗膜を形成することができる優れた塗料です。このような特性から、家電、自動車部品、金属部品など多くの分野で活用されています。

 

デメリット
  • 塗装外観性(ゆず肌が起きやすい)
  • 専用塗装設備が必要(塗装ブース、乾燥炉等)
  • 色替えが面倒
  • 少量多品種生産に不向き
  • 調色が難しい (メーカー納期が長期になる)

使う側の立場からすると、粉体塗料には専用の塗装ブースと塗装ガンなどの設備が必要であること、色替えが面倒であること、塗膜外観性(ゆず肌が起きやすい)が劣ることなどが挙げられます。また供給側からは、製造に手間が掛かり色合わせが容易でないこと、少量多品種に向かないこと、メタリック塗料が作りにくいことなどが挙げられます。

しかし、上記のデメリットはあるものの、VOCを削減し、回収・再利用が可能で廃棄量も少ないことから、環境に優しい塗料として高い評価を得ています。

 

主要取扱メーカー 一覧

塗装技術|粉体塗装について

ページトップへ