小物部品洗浄に最適『NWM-2320』

小物部品洗浄に最適でベストな洗浄条件を自動調整できる洗浄装置

『炭化水素真空超音波洗浄器 NWM-2320』
は、
洗浄槽の水深に関わらず、洗浄効果が最大となるポイントを常に自動で探査し、   
最適なポイントで周波数を追尾します。   
また、常に洗浄効果が最大となる周波数で作動するので、洗浄品質を安定させることが可能です。    
コンパクト設計のため、省スペースで使用することができ、装置価格も低価格を実現しました。

NWM-2320

特 長

 ○ 最適な洗浄を行うために、超音波の同調ポイントを自動調整
   洗浄効果を高めるために超音波を使用しますが、その能力を最大限に発揮するためには
   洗浄液の種類、ワークの状態等に合わせ同調ポイントを合わせる必要があります。
   しかしながら、ほとんどの場合は調整されずに使用されています。
   本洗浄装置は、それらの調整を自動的に行える自動追尾型の超音波発生装置を組み込んでいます。

 ○ 洗浄、すすぎ、乾燥が洗浄槽1つで可能
   一般的な洗浄装置は、製品を移動して洗浄槽、リンス(すすぎ)槽、乾燥槽等の工程を行いますが、
   本洗浄装置は、逆に製品は1つの槽に入ったまま、洗浄液、リンス液等を移動させることで同様の
   工程を実現しています。
   ① 搬送機構を持たないため、故障箇所が少なく、尚且つ低コスト化を実現しました。
   ② 多槽型のタクト式洗浄装置と違い、各工程の処理時間を任意に設定可能で、
     洗浄するワーク形状、汚れ具合等で洗い方の工夫ができます。

 ○ 洗浄液の消耗が少なく、低ランニングコストを実現
   本装置は密閉型の洗浄装置のため、開放型の洗浄装置に比べ、洗浄剤の大気中への
   放出が少なくなります。
   また、真空蒸留再生装置を標準で内蔵していますので、洗浄液の汚れも装置内にて
   取り除かれ、いつでもきれいな洗浄液を保つことができ、廃液の排出量も少なくできます。

 ○ 複雑形状のワークも洗浄可能
   洗浄時に超音波と合わせて、真空洗浄を行います。
   それにより袋穴部に洗浄液が入り込み、高い洗浄効果が得られます。
   また、真空状態と大気圧の状態を繰り返すことで、袋穴に入った液が出入りし、
   さらに洗浄効果が上がります。

 ○ 短時間での乾燥が可能
   乾燥時に真空にすることで、炭化水素洗浄剤の沸点が下がることを利用し、
   突沸させ乾燥しにくい部分も比較的低温、短時間で乾燥することが可能になります。

 
詳しくはこちらから⇒ イプロスNCCサイト『NWM-2320』

① 塩素系・臭素系洗浄剤の比較
② 塩素系・臭素系洗浄剤の洗浄効果とは・・・ 
③ 塩素系・臭素系洗浄剤を炭化水素洗浄剤に代替した場合
④ 塩素系・臭素系洗浄剤を水系洗浄剤に代替した場合

商品情報|洗浄剤洗浄機

ページトップへ